𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L
kotsu-kumamoto

熊本路線バス/市電、交通系ICカード廃止&クレジットカードタッチ決済導入

  • 九州産交バス / 産交バス / 熊本電気鉄道 / 熊本バス / 熊本都市バス / 熊本市電、現在運用している全国交通系 IC カードを廃止しクレジットカードタッチ決済 / QR コード決済を導入へ
  • 九州産交バス / 産交バス / 熊本電気鉄道 / 熊本バス / 熊本都市バスは 2024 年度中、熊本市電は 2025 年度中に実施予定
  • 更新が迫っている決済機器の更新費用を考慮しての施策

2024 年 5 月下旬、熊本県内を走る九州産交バス / 産交バス / 熊本電気鉄道 / 熊本バス / 熊本都市バスの路線バス 5 社と熊本市内を走る路面電車の熊本市電は、現在導入している「Suica」「PASMO」などの全国交通系 IC カードを廃止し、「Visa のタッチ決済」などのクレジットカードタッチ決済 / QR コード決済を導入することを明らかにしました。

九州産交バス / 産交バス / 熊本電気鉄道 / 熊本バス / 熊本都市バスの全国交通系 IC カード廃止とクレジットカードタッチ決済等導入は 2024 年度中、熊本市電は 2025 年度中に実施予定。その理由は、更新が迫っている決済機器の更新費用で、全国交通系 IC カードを継続する場合は約 12 億円もの費用が必要となるためです。

一方でクレジットカードタッチ決済等の決済機器導入は、その半額の約 6 億円強で済みます。全国交通系 IC カードと平行してクレジットカードタッチ決済等を導入する公共交通は増えていますが、全国交通系 IC カードを廃止してクレジットカードタッチ決済等に移行するのは、今回の熊本県公共交通機関が全国初です。

現在全国的に利用者が多い FeliCa 依存の全国交通系 IC カードの廃止と、全国交通系 IC カードと比べるとまだまだ認知の低い NFC タッチ決済のクレジットカードタッチ決済等導入。一見、利便性の低下などとネガティブにイメージしがちなニュースですが、世界的には活用の幅も狭い全国交通系 IC カードから世界的にポピュラーなクレジットカードタッチ決済に移行することは、よりインバウンド需要を取り込めることはもちろん、長期的に見た場合は利便性向上となります。

おそらく移行初期は混乱が生じると予想されますが、この熊本県公共交通機関の施策が全国区となれば、公共交通機関におけるタッチ決済はクレジットカードタッチ決済が当たり前の時代へと移行するでしょう。私個人的には、ネガティブどころか完全にポジティブなニュースです。同様に、この熊本県公共交通機関の施策を指示するユーザーも多いはず。

ちなみに九州産交バスは、昨今の地球温暖化にともなう熱中症対策及びクールビズなどの社会情勢変化と今後予想される温暖化の進行や制服簡素化を踏まえ、2024 年 6 月 1 日(土)から 2024 年 10 月 31 日(木)までの間はバス乗務員の制帽とネクタイ着用を廃止することも発表(PDF)しています。

Source:熊本日日新聞社

この記事をシェア

投稿者情報

石井 順(管理人)のアバター

Jetstream をフォロー

𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です