𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L
Google Message

「Google メッセージ」RCSメッセージ緊急通報対応【米国】

  • Google、Android 向け SMS / MMS クライアントアプリ「Google メッセージ」における、「RCS(リッチコミュニケーションサービス)」仕様の緊急通報メッセージ送信の段階的な対応を発表
  • 米国緊急通報デジタルプラットフォーム開発企業「RapidSOS」との提携により実現する機能
  • 写真や動画も添付できるため、SMS はもちろん、電話以上に緊急性を伝えることが可能

Google は 2024 年 6 月 6 日(木)、Android 向け SMS / MMS クライアントアプリ「Google メッセージ」における、「RCS(リッチコミュニケーションサービス)」仕様の緊急通報メッセージ送信の段階的な対応を発表しました。

「Google メッセージ」アプリの緊急通報メッセージ送信は、米国緊急通報デジタルプラットフォーム開発企業「RapidSOS」との提携により実現する機能です。また、米国における緊急通報「911(Call 911)」への「RCS」メッセージ送信機能となります。

米国の一部では、SMS による緊急通報は可能となっているものの、テキストのみの対応となるため緊急性が伝わりにくいというデメリットがあります。一方で「RCS」メッセージでは写真や動画も添付できるため、SMS はもちろん、電話以上に緊急性を伝えることが可能となります。

また「RCS」緊急通報メッセージでは、Android 緊急位置情報サービスと連動した正確な位置情報や医療情報などの追加情報も自動的に共有されるため、緊急対応要員が性格な場所を把握しつつ追加医療情報に応じた事前準備も可能となります。

Google Message
「RCS」緊急通報メッセージ

ちなみに日本の緊急通報(110 / 119 他)は、聴覚 / 言語障がい者向けに Android / iOS 版「110 番アプリ(110 番アプリシステム)」が提供されているものの、一般的には電話対応のみ。「RCS」などのメッセージでやり取りできるような、緊急通報インフラはまだ整っていません。

「Google メッセージ」アプリリンク

Google Play で手に入れよう

Source:Google

この記事をシェア

投稿者情報

石井 順(管理人)のアバター

Jetstream をフォロー

𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です