𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L
Lookout

Android「Lookout」検索モード(ベータ)提供

  • Google、視覚障がい者向け被写体認識 Android アプリ「Lookout(Lookout by Google)」にベータ版機能として「検索モード」を提供
  • 部屋などの空間において座席 / テーブル / バスルームなど 7 つのカテゴリからアイテムを選択しつつカメラを動かすと、そのアイテムまでの方向と距離を通知してくれる視覚障がいサポート機能
  • 「Lookout」アプリから直接写真を撮影すると AI が画像の説明を生成する機能も提供

Google は 2024 年 5 月 16 日(木)、視覚障がい者向け被写体認識 Android アプリ「Lookout(Lookout by Google)」に対して、ベータ版機能として「検索モード」を提供すると発表しました。

「Lookout」アプリに提供される「検索モード」は、部屋などの空間において座席 / テーブル / バスルームなど 7 つのカテゴリからアイテムを選択しつつカメラを動かすと、そのアイテムまでの方向と距離を通知してくれる視覚障がいサポート機能です。

Lookout
「Lookout」

また「Lookout」アプリには 2024 年 2 月に、画像の内容や画像内に含まれるメッセージなどを AI(Gemini)が自動生成して音声でユーザーに伝えてくれる「画像モード」が正式版として英語環境にて提供が開始されていますが、今後は「Lookout」アプリから直接写真を撮影すると、AI が画像の説明を生成したりなど、撮影した画像についてより詳しく知ることができるようになります。

「Lookout」アプリリンク

Google Play で手に入れよう

Source:Google

この記事をシェア

投稿者情報

石井 順(管理人)のアバター

Jetstream をフォロー

𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です