𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L
Gemma

Google「Gemma」開発者/研究者向け生成AIモデル

  • Google、開発者 / 研究者向け生成 AI モデル「Gemma」を正式発表
  • Google 最先端大規模言語モデル「Gemini」と同じ研究とテクノロジーをベースに「Google DeepMind」によって開発
  • Google クラウドコンピューティングサービス「Google Cloud」ユーザー向けに提供されている $300 相当の無料クレジットを活用して申請が可能

Google は 2024 年 2 月 21 日(水)、開発者 / 研究者向けのオープン生成 AI モデル「Gemma」を正式発表しました。

「Gemma」は、文章生成 / コード生成 / データ分析など、様々なタスク処理を実行でいる無料の生成 AI モデルです。Google 最先端大規模言語モデル「Gemini」と同じ研究とテクノロジーをベースに、Google の AI 研究グループ「Google DeepMind」によって開発されました。

「Gemma」は主に、詩 / 小説 / 脚本 / 記事 / 要約 / 翻訳 / 質問応答などの文章生成やソフトウェア開発 / ゲーム開発におけるコード生成、膨大なデータの分析や異常検知、さらには音楽作曲や画像生成など、様々な用途で活用可能。

「Gemma」は、他の大規模言語モデルと比べて高速で、ラップトップ / デスクトップ PC でも実行可能なほど軽量な点も特徴ですが、何より誰でも無料で利用できるオープンソース仕様で改造や再配布も可能な点が最大の特徴です。一方で安全性と倫理性も考慮されているため、安全で責任ある出力が厳守されています。

「Gemma」には、「Gemma 2B」と「Gemma 7B」の 2 つのサイズが用意。共に、安全で責任ある出力のために事前トレーニングも行われています。このほか、「NVIDIA GPU」や「Google Cloud TPU」など、複数の AI ハードウェアプラットフォームもサポート。

「Gemma」は、機械学習エンジニアプラットフォーム「Kaggle」や WEB Python ツール「Colab」参加ユーザーによる無料アクセスが可能で、さらに Google クラウドコンピューティングサービス「Google Cloud」ユーザー向けに提供されている $300 相当の無料クレジットを活用して利用することが可能です。ただし「Google Cloud」ユーザーは、専用フォームからの申請が必須となります。

Source:Google

この記事をシェア

投稿者情報

石井 順(管理人)のアバター

Jetstream をフォロー

𝕏 @
Google ニュースで Jetstream BLOG をフォロー
IG L

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です